2007-01-30

ココロの動き (相手の立場)



↑上の写真は3個重ねて立てようとしているところ

今日も前回に続いて・・・ テニスボールのネタ

ボールが立つまでの私のココロの動きを追う・・・

『こんなん立つわけないやん』
      ↓
『やるだけやってみよう』
     ↓
『もしかしたら、立つかも』
     ↓
『おや?・・・・・・』
     ↓
『立ちそうな気がしてきた』
     ↓
『でも、むつかしいなぁ』
     ↓
『なんか、コツがあるに違いない』
     ↓
『ちょっと小休止して考えよう』

    ブレーク

『そうだ、ボールに集中しよう~』
     ↓
『ボールは立とうとしている』
     ↓
『ボールに身をゆだねよう』
     ↓
『私は立とうとしているボールをサポートしているだけ』
     ↓
『やった~ 立った!』


途中で、ブレーク(小休止)してから 私のココロが大きく変りました!

スタンスが変ったんですね!

自分 → ボール へ

これを書きながら、はたと気づきました!
人の指導に似ている?!

例えば、部下にうまくやらせようとしても??

指導する立場で考えていてもなかなかうまくいきません。

指導される立場で考えるとうまくいくんですよ!


ブレークしてから、手の動きも変りました!


立たせよう(強引) → ささえてあげよう(やさしい)


相手の立場で考えサポートするだけ・・・

それでうまくいくんですね!

ボール立てから得た二つめの教訓


『相手の立場で考えるとラクにうまくいく!』

(^^) う~ん、ボール立ては奥が深い・・・

2 件のコメント:

technology さんのコメント...

Although there are differences in content, but I still want you to establish Links, I do not
fashion jewelry

逆円助 さんのコメント...

さあ、今夏も新たな出会いを経験してみませんか?当サイトは円助交際の逆、つまり女性が男性を円助する『逆円助交際』を提供します。逆円交際を未経験の方でも気軽に遊べる大人のマッチングシステムです。年齢上限・容姿・経験一切問いません。男性の方は無料で登録して頂けます。貴方も新たな出会いを経験してみませんか